脂肪溶解注射

■脂肪溶解注射の効果はある?気になる料金や口コミを徹底分析

手軽に部分痩せができる脂肪溶解注射は人気の施術です。注射をするだけで脂肪がなくなるため、手軽にチャレンジができます。

とはいえ、効果の有無や料金など、知っておきたい情報はたくさんありますよね?この記事では、脂肪溶解注射の基本的な情報や口コミをまとめました。

 

■脂肪溶解注射って何?メリットと一緒に紹介

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は、脂肪を溶かす薬剤を皮下脂肪に注射する施術です。分解された脂肪は血管に流れ、汗や尿として排出。注射するだけなので短時間で終わります。

注射できる部位は二の腕や腹部、脇腹、太もも、内ももなど。あごや顔やせにもおすすめです。メスを使う必要がなく、体への負担が少ないのが特徴です。傷もできませんし、日常生活への支障もありません。

また、好きなパーツに注射をすることで、部分痩せができます。不要な脂肪のみを溶かせるため、ボディメイクとしても有効です。ダイエットではとれない、ガチガチに固まったセルライトにも効果があります。

さらに脂肪細胞を体外に排出するので、太りにくくなります。通常のダイエットと違い、リバウンドの心配が少ないのがメリットです。

 

■料金と回数は?

脂肪溶解注射の相場は1本(1cc)で10,000~25,000円ほどです。パーツの大きさにもよりますが、1回の施術で2~6本ほどの脂肪溶解注射をします。10,000円で5本注射した場合はかかる料金は5万円です。

複数のパーツを施術するなら、本数はさらに増えるでしょう。顎なら少ない本数で十分ですが、範囲が広いお腹の脂肪だと必要な本数が増えます。二の腕や太ももなら両腕や両足に注射するので、倍の本数が必要です。

ただし、1回ではあまり効果がないので、クリニックに通って施術を受けることになります。クリニックによって方針が異なりますが、3回以上の脂肪溶解注射を推奨することが多いです。最低でも15~20万円くらいはかかると考えておきましょう。

本格的に痩せたいのであれば、10回以上の施術が必要になることも。30~50万円ほどかかることもあります。満足のいく回数は人によって違うので、カウンセリングでチェックしてください。

 

脂肪溶解注射おすすめクリニック

クリニックの特徴や料金について紹介します。

表参道スキンクリニック

BNLS
料金一覧 BNLS neo BNLS  脂肪溶解注射
初回価格1cc 9,800円 1Dayスリムフェイス初回価格1cc 3,900円 初回価格5cc 7,800円
通常価格1cc 19,800円 通常価格1cc 5,900円 通常価格5cc 14,500円
1Dayスリムボディー初回価格1cc 2,900円
通常価格1cc 4,900円
クリニックの特徴
施術時間:最短で10分~15分程度
麻酔:希望時は笑気麻酔にて対応可能(別途)
クリニック数:5院
特徴:モニター価格あり。公式ホームページよりご確認下さい。

 

 

KM新宿クリニック

脂肪溶解注射

料金一覧 HUTHERA(フーセラ) BNLS  脂肪溶解注射
1本8cc 60,000円 トライアル初回価格1cc 3,500円 1本 9,000円
2本16cc 110,000円 通常価格1cc 9,500円 トライアル1本のみ 5,000円
トライアル5cc 17,500円 10本セット(燃焼点滴1回プレゼント) 90,000円
10cc 85,000円 15本セット(燃焼点滴2回プレゼント) 135.000円
15cc 112,500円 20本セット(燃焼点滴3回プレゼント) 180,000円
20cc 130,000円
クリニックの特徴
施術時間:5~10分
麻酔:麻酔入りのオリジナルブレンド薬剤
クリニック数:2院
特徴:脂肪溶解注射の種類が豊富。

 

■脂肪溶解注射の良い口コミと悪い口コミ

口コミ

▶良い口コミ

・最初はあまり変化がなかったので心配でしたが、1週間くらいでお腹周りがスッキリしました。どれだけダイエットをしても効果がなかったので、すごくビックリしています。キュッとしたキレイなクビレがとてもうれしいです。

・脂肪吸引は怖かったので脂肪溶解注射を選びました。痛みもなかったし、効果のほうもバッチリ。ブルドックみたいな二重顎がなくなって、顔のラインがシャープになりました。友人や夫からも痩せたねって言われます。

・先生と相談して、太ももとお腹に5回の施術を受けることにしました。お金はかかりましたが、しっかりとサイズダウン。これまでダイエットとリバウンドを繰り返していましたが、1年たった今でもスタイルをキープできています。

 

▶悪い口コミ

・たしかに少し細くはなったけど、思ったほどの効果はなかったかな…。少しずつ減るとのことですが、1週間たった今でもあまり変わりません。お金のことを考えると、普通にダイエットを頑張ったほうが良かった気がします。

・下腹部の脂肪に脂肪溶解注射をうちましたが、必要な本数が多いです。私のお腹はかなり太かったので、施術の回数も多くなってしまいました。結果的に50万円もかかってしまって、かなり痛い出費です。

・とりあえず3回ほどクリニックに通いましたけど、脂肪の減りはイマイチ…。効果には個人差があると説明されていてもガッカリです。施術を続けることもできると言われましたが、予算の関係で断念しました。

 

■効果はあるの?実感できるまでの期間は

脂肪溶解注射をしてもすぐには効果を実感できません。溶解した脂肪が体外にでるまでに時間がかかり、少しずつ減っていきます。

脂肪が減ったと感じるまでにかかる期間は、2~4日ほどです。それから1~3週間ほどで、目に見える変化が実感できるでしょう。

ただし、一度脂肪溶解注射をしたあとは、7~10日ほどあける必要があります。3回ほどクリニックに通って施術をするなら、1ヶ月ほどかかる計算です

 

■脂肪溶解注射の種類

美容注射

脂肪溶解注射に使う薬剤にはいろいろな種類があります。クリニックによって使っている薬剤が違うので、先に調べておくと良いでしょう。

PPC
BNLS
BNLSneo
MITI

現在の主流は大豆由来の成分を使った「PPC」です。ただし、腫れや赤みができやすく、大豆アレルギーの方は使用できないので注意しましょう。

「BNLS」と「BNLSneo」は自然由来の成分の薬剤。「BNLS」は肌の引き締め作用が、「BNLSneo」は高い脂肪分解作用があります。「MITI」は抗炎症成分が配合されており、痛みや腫れのリスクを減らすことが可能です。

中には複数の薬剤を取り扱っているクリニックもあります。それぞれのメリットや料金を比較して、自分に合ったものを選んでください

 

■脂肪溶解注射の流れ

脂肪溶解注射の流れをチェックしましょう。

・カウンセリングで詳しい説明を受けます。
・注射する本数や施術の回数を決めます。
・施術の部位に注射をしていきます。

施術にかかる時間は10~30分ほどです。施術して1週間ほどたったら、マッサージで脂肪の排出を促します。

 

■気になるダウンタイムや副作用を解説

副作用をチェック

・副作用とダウンタイム

脂肪溶解注射をしたあとは赤みや内出血、軽い痛みがでる可能性がありますが、数日から1週間でなくなります。体質によっては大きく腫れる方もいるので、引かないようなら医師に相談が必要です。

お風呂は当日から、運動は翌日から可能です。ただし、顔に脂肪溶解注射をした場合は、翌日まで洗顔と化粧ができません。また、施術をしてから数日は、飲酒は控えるようにしましょう。

 

・受けられない人もいる

使っている薬剤が「PPC」の場合、大豆アレルギーがある方は受けられません。妊娠中や授乳中の女性もNGです。その他糖尿病や高血圧など、持病がある方は受けられないため、医師に相談しておきましょう。

 

■脂肪溶解注射に関するQ&A

疑問

・脂肪溶解注射をしてもバレませんか?

注射してから少しずつ脂肪が減っていくため、体には急激な変化は起こりません。脂肪吸引と違って、自然に体型が変わっていくので、脂肪溶解注射がバレる心配はないでしょう。ただし、顔などの目立つパーツの場合は、腫れや赤みが少し目立つ可能性があります。

・痛みはありますか?

注射には痛みはありますが、麻酔を使用しているクリニックがほとんどです。クリーム麻酔を塗るため、注射が苦手でも心配はありません。ただし、施術のあとは、少し痛みが続く場合があります。

・傷は残りますか?

注射を使った方法なので傷は残りません。あざや内出血ができても時間の経過でキレイに消えます。

・効果をあげるための方法はある?

溶解した脂肪を体外に排出するためには、代謝がとても重要です。適度な運動をすることで脂肪の代謝を促せます。暴飲暴食が続くと別の脂肪が増えるので、食べすぎには注意しましょう。

 

■脂肪溶解注射で脂肪を落とそう

脂肪溶解注射は手軽で効果の高い施術です。気になる部分に注射をするだけで、分厚い脂肪がキレイになくなります。ダイエットに失敗した人でも、手軽に痩せることが可能です。

リバウンドの心配もないので、ダイエットに失敗した方はぜひ試してみてください。必要な本数やかかる料金は違うため、まずはカウンセリングを受けましょう。

更新日:

Copyright© 溶解注射2020|効果あるの?種類や料金について紹介!クリニックを徹底比較 , 2020 All Rights Reserved.